エステ業界への転職を考える前に

落ち着いた空間に癒しの音楽をBGMに流しながら、お客の求める美を実現していくのがエステティシャンです。誰しもが自分の体の「美」に興味を持っています。憧れを抱いて、エステ業界への転職を考える人が若者を中心に増えています。

日々の疲れに極上の癒しを提供し、人に「もっと自分が輝かせる自信」を提供することができます。この仕事が生み出すやり甲斐と、その魅力に疑いの余地はありません。

しかし、ただの憧れのみで飛び込むと、途中で諦めてしまうという結果に陥ってしまいます。エステ業界は肉体労働であり、さらには相応の修行期間と知識を学ぶことが必要です。華やかなイメージの一方で、エステ業界で働くには資格も必要であり、資格を取得してもすぐに施術ができるわけではなく、ほとんどの会社では雑用からスタートさせられます。

加えて、エステに通うお客というのは、仕事を終えてからその疲れを癒すためであったり、休日のリフレッシュという意味で、お店に通います。一方で専業主婦の方や第二の人生を送っている高齢者の方もいます。

つまり、この業界に「休息の時間」というのは作りづらく、朝早くから夜遅くまでの仕事をしていなければならない場合がほとんどです。体力的、時間的過酷さをも覚悟の上で、それでも美の世界で仕事をしたいという気持ちが自分にあるのかどうかが、大切になってくるでしょう。